ネットワークカメラで防犯対策【セキュリティガード】
防犯カメラ

ネットワークカメラで防犯対策【セキュリティガード】

補助でより安全に

ネットワーク

鍵屋では様々な鍵を取り扱っているため、その中からより防犯性に優れた鍵を選択することが大切です。では鍵屋が推奨する防犯性向上に向けての取り組みですが、補助錠の設置が挙げられます。メインの鍵のみを設置している家庭は多いのですが、その場合、メインの鍵を攻略されてしまったら後は空き巣を阻むものは何もなくなってしまいます。ですから、メインの鍵のみではなく、もうひとつ鍵を設置してみることを考えてみましょう。ひとつの扉にふたつの鍵を設置することをワンドアツーロックと言い、多くの鍵屋がこの方法を推奨しているのです。鍵をふたつ付けておくことで解錠までに時間がかかってしまうだろうことは一目瞭然であり、視覚的にも空き巣を尻込みさせることができます。

補助錠を設置する際の注意点ですが、同じタイプの鍵をふたつ設置するのではあまり防犯的に意味はありません。補助錠は違う鍵を設置することによって防犯効果を高めるので、鍵屋とよく相談した上で、より信頼性の高い種類を選択するようにしましょう。鍵屋が勧める補助錠の種類として挙げられるのは、本締め錠です。特に面付タイプの人気が高くなっていて、ピッキングはもちろん、こじ開けなどの手段に対しても、耐久性を発揮します。この本締め錠の中にもスライド式やカマ式などがあるので、鍵屋にそれぞれの特徴をよく聞いた上で選択するようにしましょう。また、鍵だけではなく防犯カメラなども設置することによって、より防犯性を高めることができます。防犯カメラには様々なものがあり、その中の一つにネットワークカメラが挙げられます。ネットワークカメラはお手持ちのスマートフォンから自宅の様子を確認することが出来るので、外出先の心配を軽減することが出来ると考えられます。

事前に費用を知っておく

セキュリティ

新しく作る住宅には、家族を守るための防犯セキュリティを十分搭載するようにしましょう。自分自身で家を造るメリットは、セキュリティをカスタマイズできる点にあるとも言えます。その際、防犯ガラスを取り入れると良いです。

Read More...